謹賀新年

昨年8月から3週間毎に抗ガン剤投与した後、福島県三春町の岩磐浴場に3泊し、46度のラジウム霊泉に入浴して副作用を緩和しています。

そこには遠くはフィリピン、三重県などからも余命を告げられた方が訪れ、闘病のあり様を互いに披歴しあっています。なかには弱音を吐露する方もいますが、ここにはガンと闘う気力を持つ人が来るのだから、そのエネルギーを源に病を克服しようと励ましあっています。

万策を尽くした後は生命の御下賜主の意に沿う生活に努め、我が命の行く末を委ねるべしと想念しています。本年も皆さまにとって干支に因み飛躍の年であるようお祈りいたします。